【施術が短時間で終わる】ボトックス小顔治療の特徴を大公開

  1. ホーム
  2. 自分に合った方法を選ぶ

自分に合った方法を選ぶ

医者

クリニックで悩みを解消

ボトックス注射はシワ改善に効果的な施術で知られていますが、小顔になりたい人にも最適な施術方法です。顔が大きく見える原因としてエラがあります。エラが張っていることで、どうしても顔が大きく見えてしまいます。このエラが張る理由には骨格もありますが、咬筋(コウキン)という筋肉も関係していることがあります。この咬筋は噛むときには必要な筋肉で、誰もが毎日使う筋肉であるため発達しやすいです。この筋肉が異常に発達してしまうとエラが張って見えて顔が大きく見えてしまいます。また、ストレスが多い生活を送っていると、睡眠中に歯ぎしりをしてしまい、この筋肉が発達することもあります。筋肉によるエラの張りは、筋肉をできるだけ使わないように心がけることで解消することができ、小顔効果も期待できるでしょう。しかし、生きていくためには物を食べることは必要ですし、歯ぎしりを意識的にやめるのは難しいことでしょう。ボトックスは筋肉の働きを弱める作用があるため、無意識に使っている筋肉を働きにくくすることで徐々に筋肉が細くなり、エラの張りも抑える効果が期待できます。このように、エラが張っている原因が筋肉である場合には、ボトックス注射での施術はとても有効な方法です。美容整形などのクリニックでは、ボトックス注射以外にも色々な施術方法があります。顔が大きく見える原因としてたるみがあります。加齢によってたるみが生じることもありますし、ダイエットをすることで顔のたるみが生じることもあります。クリニックでは、このたるみを解消するために超音波で解消する施術も用意されています。超音波をあてるだけでなので、痛みなどもなく気軽に施術を受けることができます。また、脂肪が多いことも顔を大きく見せる原因となるでしょう。美容クリニックなら、脂肪吸引や脂肪溶解注射によって、不要な脂肪を減らすことも可能です。もともと骨格が大きい人の場合では骨を削る施術もあります。その他にも、人口軟骨を入れたり、ヒアルロン酸、自分の脂肪を注入したりして、顎のラインを整えることによって小顔に見せる施術方法もあります。このように美容整形クリニックでは、ボトックス以外にも様々な施術方法が用意され、その人の状態に合った施術方法で小顔を目指すことができます。本気で小顔になりたい、すぐにでも小顔になりたいと考えている人はクリニックに相談することも考えてみましょう。